« 2017年2月12日 | トップページ | 2017年2月25日 »

2017年2月21日

2017/02/21

6年ぶりの港へ!

 中国赴任期間中の穴を埋めるべく、かつて訪れた場所を季節ごとに訪れていますが、行こうと思っていてなかなか足が進まなかった港に向かうことになりました。同行してくれるのは秋ヶ瀬野鳥クラブで同い年の、海鳥に詳しいHさん!海鳥たちも、現地のロケーションも合わせて復讐の形になりますが、海が近くなるのに合わせて気持ちも高ぶります。
 まず利根川河口で出迎えてくれたのはシロエリオオハムでした!
00000144_2
オオハムとの識別点など再確認していると、次に近くに現れてくれたのはウミアイアサでした。 
00000145
今まで、こんなに近くで出会ったことはなかったのでなんともラッキーです!
そして場所を別の漁港に移動すると、アカエリカイツブリうじゃうじゃです。

00000146
色々な鳥たちとの再会を果たしながらポイントを移動していきます。次に現れてくれたのはヒメウです。
00000147
結果的にこのミミカイツブリを含め、この日は日本で見ることのできるカイツブリ5種全てを見ることができました。
00000148
ウミスズメもあちらこちらで観察することができかしたが、だいたい4〜5羽の群れが点在しているような状況です。
00000149
あちらこちらを探し回って、ようやく近くでその姿をゲット!
00000150
そして、会いたかったミツユビカモメも数個体いるようです。本当は飛んでいる姿より、短い足でボッテッとと立っている姿が見たかったのですが…。
00000151
そして欲張って越冬シギチを見ようと浮島近辺に移動してオオハシシギの群れなどいないか探し回りましたが、見当たらず相手をしてくれたのは群れていないタゲリでした。
00000152
土手に何人かカメラマンがいたので何を狙っているのかと思っていると、ミサゴが2羽同時に、近くを飛んでくれました。
00000153
結局シギチはダメかと近場の干拓地を車で流していると、6年ぶりでかつてカモメなどいろいろ教えていただいていたSさんと再会を果たすことができ、ついでにヒバリシギが居たとの情報をもらい現地に移動しヒバリシギとも再会を果たすことができ本日の鳥見は終了…。
00000154
久しぶりの港はとっても楽しかった(笑)





| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年2月12日 | トップページ | 2017年2月25日 »