« 2017年3月5日 | トップページ | 2017年3月20日 »

2017年3月13日

2017/03/13

春の野を飛ぶコミミを求めて…。その2

 今日の家族の予定を確認すると、私以外は夜まで戻らぬお出かけ…。となると昨日のフラストレーションがこみ上げてきて、午前中に家の用事を済ませればリベンジに出かけられる!と胸が高鳴ります!昨日同行してくれた鳥友に連絡すると、その思いは一緒だったようで、今日もまた二人で春の野に向かいます。
 昨日の経験からバーダーの集団からかなり距離をおいたほうが良いだろと言うことで相当な距離を置いてコミミを待ち構えます。そして予想していた時間よりも早くコミミが飛び始め、ようやくこちらに向かってきてくれます。
077a8118
そしてだんだんと近づいて来てくれ、胸が躍ります!

00000205
さあ!ようやく思い描いていた絵に近づいてきてくれる…!
00000207
と、状況が良くなってきているにも関わらず、バーダーの集団が、コミミを追い回しながらこちらに向かってきます。こうなると周囲はどうにもならない状況で、結局のところ、集団を嫌うようにコミミは飛び去ってしまい、またそれを追いかけて集団が遠ざかっていってしまいました。
00000208
コミミ撮りたさに気がはやるのは理解できますが、あくまで我々は彼らの生活の場所にお邪魔させてもらっているのですから、追いまわさずに静かに訪れてくれるのを待ちたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の野を飛ぶコミミを求めて…。

 私が中国に赴任して以降の5年間、関東でのコミミズクの話題は殆ど無かったとの事。それに加えて菜の花の咲く中を飛び回るとなれば、大勢のバーダーが押しかけるのも無理ないところではありますが、大勢の人ごみに紛れてガツガツコミミを追いかけるのは無理と言うことで、みなさんとは離れた場所でコミミを待つことになります。
 後はコミミが思ったところに飛来してくれるのを待つばかりですが、頭の中に描いている絵が一人歩きするばかりで、そんなに都合よくポーズをとってくれる訳はないとわかっていながらもフラストレーションはたまってしまいます。
00000197_2
本来ならば、目の前を飛んでくれるだけで嬉しいものなのですが…。
00000198
花をバックの一枚というのが贅沢なのでしょうが、なかなかうまくいきません。
00000199
飛びものでは上手くいかなかったので、やけっぱちの止まりものです(T . T)
00000200


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月5日 | トップページ | 2017年3月20日 »