« 春の海(その1) | トップページ | 桜色舞う頃…。 »

2017/03/27

春の海(その2)

 目的のカンムリウミスズメとの出会いを果たし、ひと心地でしたが、さすがに外洋性の鳥たちの飛翔には双眼鏡で覗くだけでも感動です。中でもこんな近くでの飛翔を見たことがないオオミズナギドリには感謝…。
00000233
船の周りを飛び回ってくれます。
00000238
こんな可愛い顔をしていたんですね(笑)
00000239
オオミズナギドリに夢中になっていると船内がざわつきます!なんとクロアシアホウドリの突然の登場です!
00000235
こんなに近くで出会えるとは思っていなかったので気が動転します!
00000236
さらに、ミツユビカモメも登場し舞台を盛り上げてくれます!この個体は成長なのでしょうか?ならば初見です。
00000228

そしてこちらが、港でいつも見ていたタイプです。
00000230
ようやく、近くを飛んでくれました。
00000229
途中、ウトウやアビ類も数多く観察されましたが、中でも飾り羽を纏ったウトウと出会えたのはラッキーです。北海道に行かなくても、関東沖合にこの頃であれば分布しているのですね…。00000225

|

« 春の海(その1) | トップページ | 桜色舞う頃…。 »

コメント

ジダンさんコメントありがとうございました😊
あの古いレンズでここまで飛び物撮れるとは思ってませんでした、それにしても今回、久々の興奮した鳥見になりました。これから少しづつ海の比重上げて行きたいと思ってます(^-^)/またよろしくお願いします

投稿: カトゴリ | 2017/03/29 06:01

お疲れ様でした。
どれも良く撮れてて流石ですね~。

ミツユビは黒いM字斑がで出るのが幼鳥です。
やはりミツユビは幼鳥の方が人気ありますね。
この日はトウゾク類も出てくれれば最高だったんですがそう簡単には行きませんでしたね。

投稿: ジダン | 2017/03/28 08:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65326/65071525

この記事へのトラックバック一覧です: 春の海(その2):

« 春の海(その1) | トップページ | 桜色舞う頃…。 »