« 夏鳥たちとの出会い! | トップページ | 春の離島(第2日目) »

2017/05/07

春の離島(第1日目)

 中国赴任中一度も訪れることができなかった春の島に6年ぶりでようやく行くことができました。いつもの仲間と港に行く前に立ち寄る防砂林の松林の公園では沼には少しのオオハクチョウ、コハクチョウ、そしてホシハジロを除く普通種のカモたちがまだその姿を残していました。林の中はようやくセンダイムシクイとエゾムシクイの声と姿を確認しましたが、例年入っているオオルリ、キビタキの姿は見当たりません。こんな状況や晴天も続いていることから、島ではオオルリ、キビタキも見ることができないのでは?と不安がよぎります。
 そしていよいよ出航です!船のデッキから、海鳥たちの姿を探しますが、オオミズナギドリはその数は少なく、おそらくシロエリオオハムとアビと思われる個体がちょっと飛んだだけに終わります。
 港に到着すると、定宿のご夫妻と先発のS御大が出迎えてくれています。そしてこの日は今までの島行きの中でも一番視界がクリアで、まだたくさんの雪をたたえた鳥海山が見えます。
00000281

 宿に移動し身支度を整え早速探鳥開始です。心配をよそにキビタキがその姿を見せてくれます。
00000279
そしてオオルリも数個体確認することができます。
00000286
 しかしながら、しばらくするとその姿はどこかに消えてしまいます。おそらく殆どの鳥たちはその日入っては直ぐに抜けていくと言った状況なのでしょう…。
 ツグミ系の状況としてはマミチャジナイの割合が高く、その数もそれなりに多い状況でした。こちらは牧平で確認した個体です。
00000280
こちらは学校の校庭に出てきた個体です。
00000289
コムクドリも群れで何箇所か入っており何度かその姿を楽しませてくれましたが、メスの割合が高そうで、オスをは数回しか確認できませんでした。
00000287
 この木の実?が好きなようで何度かやってきてくれます。
00000288
ビンズイも出てきてくれました。
00000284
しかしながら、これでは島に来なくても良い鳥たちばかり…。島らしい鳥は居ないものかと探し回っていると、ようやくマミジロタヒバリが登場してくれます。
00000285
 以前出会った時は地べたに居たので確認できませんでしたが、今回枝どまりしてくれたおかげで、その大きな特徴である後ろ指の爪が非常に長いということを観察することができました。
 その他、シロハラホオジロ、キマユホオジロ、コホウアカなどの情報がありましたが残念ながら確認できない1日目となりました。

|

« 夏鳥たちとの出会い! | トップページ | 春の離島(第2日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65326/65247892

この記事へのトラックバック一覧です: 春の離島(第1日目):

« 夏鳥たちとの出会い! | トップページ | 春の離島(第2日目) »