« 春の離島(第2日目) | トップページ | 春の海(その3)  »

2017/05/07

春の離島(第3日目)

 今日も夜明けとともに、島らしい鳥を探しに早朝から探鳥に出かけます。相変わらずキマユホオジロは連日の渡りが絶えないようで、昨日以上の個体数が入っているようです。その他の目立った鳥もいないので朝からキマユホオジロで時間をつなぎます。
00000290
 警戒心の少ない個体にかなり近距離で遊んでもらうことができました。
00000291
 朝食後はまた牧平に移動しシロハラホオジロやコホオアカなどを探しますが、相手をしてくれるのはハチジョウツグミ程度…。色が浅いので、ハチジョウではなく四畳半ツグミと皆に呼ばれていた個体です(笑)。
00000292
牧平は島の北側に位置するので、今から渡ろうとしている鳥の集結地になっており、今日も渡り寸前のコムクドリの群れを見ることができました。
00000293
 渡り寸前のためか、落ち着きがなく様子です。今日もオスの個体は数が少なくメスがメインの群れにでした。オスは先発隊としてすでに渡りを終えて繁殖地でメスたちの訪れを待っているのでしょうか…?
00000294
 結局牧平ではその他のホオジロ類に出会うことができなかったので、内浦に戻る途中水場でアカハラとご対面です。
00000295
内浦に戻ると、ようやくコムクドリのオスにご対面です。
00000296
こちらは数日前から姿を見せている、胸の殆ど赤くないムネアカタヒバリです。なぜかネギの畑が大好きなようで、幾つかのネギ畑を巡回する状況でした。
00000297
 ヒタキも入っては直ぐに抜けていく状況でしたが、まだ花の残る桜とキビタキの絵をかろうじてゲットです。もっとすっきりした絵が欲しいところですが、季節の進行はこちらの都合通りにはなりません。
00000299
 そして、もう既に抜けたと思っていたマミジロタヒバリが再登場です!
00000300
この子が居てくれなければ、何をしに島に行ったのか分からない程です!最後に菜の花バックに記念写真となりました。
00000301
 最終日の4日目は、シロハラホオジロを見るには見たが、すぐに飛ばれてしまい、朝食中に雨は本降りになってしまい、一本早い船で帰宅となってしまいました。
 大きな盛り上がりは無かったものの、6年ぶりの春の島で楽しませてくれた鳥たちと鳥友にはただただ感謝です…。

|

« 春の離島(第2日目) | トップページ | 春の海(その3)  »

コメント

春の遠征はお疲れさまでした!
マミジロタヒバリは良かったですね。
鳥の種類は少なかったようですが、
楽しんだようですね。
特に夜の団らんと美味しい食事とお酒で盛り上がったのでは。


投稿: moto8 | 2017/05/10 21:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65326/65249361

この記事へのトラックバック一覧です: 春の離島(第3日目):

« 春の離島(第2日目) | トップページ | 春の海(その3)  »