« 2017年8月17日 | トップページ | 2017年8月27日 »

2017年8月20日

2017/08/20

干潟詣でもいい加減に…。

 雨続きの予報に反して、ここ数日日中はそれなりに青空も出るなど鳥見は可能ということで、今日こそは何か大物が出てくれるだろうという淡い期待を胸にいつもの干潟に向かいます。
 浜に出てみると、中潮にもかかわらず干潟は広くまるで大潮の時のようです。こうなると肝心の鳥たちも広く分散してしまい探し当てるのも一苦労となります。それでも

早朝は一所にある程度のシギチが集まっています。
 この干潟で数を増しているのはミヤコドリだけなのでしょう…。
00000515b
 オオソリハシシギは編隊を組んで飛ぶんですね…。今頃気がつきました(笑)
00000517b
そしてこの日一番の成果はもう一羽のオバシギを確認できたことです。
00000519b
二羽のオバシギが仲良くエサを漁っています。
00000521b
その後も暫く干潟の上の逃げそこなったアカエイを避けながらシギチを探し回りますが、めぼしい鳥が見当たらなくなります。さて、貴重な残りの時間をどうする方悩んだ挙句、茨城の田んぼエリアにロケハンがてらに移動することとします。
 かつて休耕田があったエリアを車で巡りますが、めぼしい田んぼは見当たらず、蓮田も収穫はまだまだです。そんな中アオアシシギ、コアオアシシギ、タカブシギが居る小さな蓮田を発見します。
タカブシギはかなりの数が戻ってきているようです。
00000522b
これもタカブシギかとレンズを向けると、淡水エリアでの初対面のソリハシシギです。
00000524b
サブターミナルバンドらしき線が見られるので幼鳥なのでしょう…。
干潟も田んぼもまだ盛り上がりは今一歩です。まさかこのまま渡りが終わってしまうことが無いことを願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月17日 | トップページ | 2017年8月27日 »