今日もまた・・・。

2024/05/22

ダラダラと…。

 毎週末、鳥見への意欲は満々なのですが、なぜか空回り気味なのが最近の状況です。この週末の土曜日は、姪の大学入学祝いなので遠出はできません。ならばいつもの沼周辺を回りますが、今年は田んぼに全くと言っていいほどシギチが見当たりません。これで終わりかと沼に戻ってみるとアジサシの姿!一昨年のコシジロアジサシの記憶が蘇りますが、やっぱりただのアジサシ…。それでも、この沼では今期二例目のアジサシですのでしばらく遊んでもらいましたが、いつのまにか抜けてしまいました。

00004309atopazsharpen

00004310atopazsharpen

そして日曜日!いつものコマドリポイントは、餌付けカメラマンで荒らされ放題なので、去年まともな出会いのなかったお山にむかいます!ちょっと前に熊出没との事でおっかなびっくり山を登ります。しばらくするとコマドリの声!その後は、さえずりに翻弄されながら数時間…。ようやくのご対面となりました。

00004311atopazsharpen

結局、数時間探し回って、チャンスはこの一回だけ…。諦めて、下の山道をヒーヒー言いながら降るのでした…。

00004313atopazsharpen

| | コメント (0)

2024/05/18

春の粟島(2)

鳥たちはどんどん抜けていき、なす術もない状況が続きますが、港の傍にウミスズメが居ると聞き、急ぎ移動すると魚の群れを追いかけるようにウミスズメが盛んに潜水を繰り返していました。

00004292atopazsharpendenoise 00004291atopazsharpen

少し気持ちも晴れる出会いでしたが、その後はまたダラダラと過ごすことになってしまいました。

00004290atopazdenoisesharpen 

00004293atopazdenoisesharpen 00004294atopazdenoisesharpen

| | コメント (0)

春の粟島

かつてこれほどまでに鳥の少ない状況があったか疑うほど、鳥の少ない状況でした。そんな中唯一入っていたベニヒワも抜けてしまったとのことで、当て所なくポイントを歩いているとベニヒワが居るとの連絡をもらいます。

00004281atopazsharpendenoise 00004283atopazdenoisesharpen

久しぶりのベニひわとの出会いでしたが、オス成鳥は見ることが出来ませんでした。そしてその後はいつもの水場に陣取って、残留組の姿をダラダラと見ることになるのでした。

00004284atopazdenoisesharpen 00004285atopazsharpendenoise 00004286atopazdenoisesharpen 00004287atopazdenoisesharpen00004288atopazdenoisesharpen2

| | コメント (0)

2024/05/12

いつもの森で!

何かと忙しく更新が遅れています。GW初日は恒例のいつもの森に出かけていますが、年々状況は悪くなっていくように思えます。いつものポイントで目線の夏鳥を待ちますが、一向に現れてくれません。最後に諦めて歩いた沢沿いでようやくサンショウクイとのご対面です。

00004271atopazdenoisesharpen 00004270atopazdenoisesharpen

ヤブサメは巣材集めに忙しそうでした。

00004268atopazsharpen

最後の最後でようやくオオルリが登場です。

00004272atopazdenoisesharpen

そして、荒廃が進む農耕地でもなんとかノビタキやらホオアカとご対面。

00004264atopazdenoisesharpen 00004263atopazdenoisesharpen 00004267atopazdenoisesharpen

そして、川沿いで綺麗に咲いていた、久しぶりのアズマイチゲとの出会いでした。

00004273atopazdenoisesharpen

| | コメント (0)

2024/04/22

久しぶりに…。

冬の間は通過するだけの島ですが、久しぶりに訪れてみることにしましたが、肝心の鳥たちは愛想もなく、帰りの航路までの暇つぶしとなってしまいました。帰りの航路も鳥は多いわけではありませんでしたが、数回近くを飛んでくれたのが幸いでした!

00004260a 00004261a 00004262a

| | コメント (0)

2024/04/10

久しぶりの出会い!

4月最初の休みにはまだ見ぬウスギオウレンと言う花を見に行くことを決めていましたが、花は鳥と違って朝早く出かけても良いことはありません。と言うことで、時間調整!?とばかりに、少し気になっていたサンカノゴイのポイントに向かいます。到着するとすぐにその姿を確認できましたが、アシの中でウロウロするばかり…。これはダメかと思っていると、いきなり動き始めその姿を披露してくれるのでした。十数年ぶりの出会いとなりました。

00004241a

00004240a

| | コメント (0)

2024/03/20

今年も手強かった…。

今年もヒメカモメがやってきているとも情報をもらいましたが、去年の手強さが思い起こされ躊躇すること数日でしたが、運よく出会えればとの捨て身で現地に向かいます。いくつかのポイントを丹念に探し回りましたが、ユリカモメ自体の数が少なく、結局その中に混じっているだろうヒメカモメの姿を見ることはできませんでした。結局あちらこちら動き回ったのでそれなりに鳥は見ることが出来たのですが…。

そんな中、お知り合いが見つけてくれたのが、ユリカモメの暗色型!幼鳥ではなく羽全体が暗色なのが特徴のようですが、飛翔シーンは残念ながらゲットできませんでした。

00004226a

そして、夏羽に移行中のカンムリカイツブリも!

00004223a

そして冬羽のシロエリオオハムが愛想良くその姿を見せてくれます。

00004224a 00004225a

時間を持て余している時はいつも相手をしてくれるのはミツユビカモメとなります。

00004220a 00004221a 00004222a

| | コメント (0)

2024/03/03

今年初の航路では…。

今季初の八条航路でしたが、鳥の出は今一歩でしたが、久しぶりの海の上は最高の癒しとなりました!

00004216a 00004217a 00004218a

| | コメント (0)

2024/02/20

勢いで…。

更新が滞っています。

前日のシノリガモからの芦原の鳥見の勢いで、名古屋で観察されていたワキアカツグミを目指し同じメンバーで出かけることになりました。唯一の願いはまだいてくれる事です。一抹の不安を抱きながら車を走らせますが、ようやくポイントに到着すると、カメラマンが駐車場に戻ってくるのでまさかと思いましたが、話を聞くとすでに思う存分出会えたとのことで胸を撫で下ろします。そして話を聞いたポイントに到着すると、難なくご対面です。

00004201a 00004206a 00004209a

まずは一番の目的を果たしたので、次はオジロビタキポイントに移動します。初めてのポイントで、ロケーションもわからない中、現地でお会いした、親切な地元バーダーのおかげで、こちらも難なくご対面です。

00004202a 00004211a

久しぶりに出会えた喉がオレンジ色のこの個体は嘴や上尾筒の様子からニシオジロビタキなのでしょう。そして、この遠征の最後の目的はカリガネとなります。話によると餌場にしているポイントに15時過ぎになるとやってくるとのことで、現地に着くとすでに数名のバーダーの姿!我々も車の中からその到来を待っていると、なんと時間通りに、しかも目の前に飛来です!

00004215a

カリガネとの出会いは何年ぶりだったでしょうか?久しぶりの出会いにこの遠征の最後を飾ってくれました。そして途中で立ち寄った格安鰻丼も本当に美味しく、楽しい遠征となりました。

| | コメント (0)

2024/02/15

久しぶりの沼では!

シノリガモに会いに行った後こちらも本当に久しぶりの大きな沼の葦原でハイチュウを待ちますが、まだ明るいうちに楽しませてくれたのは何度もやってくるミサゴ、ベニマシコ、そしてハイチュウ♀ですが、肝心のハイチュウ♂の方は、暗くなってからの遠くを飛んだくらいでそっけないものでした。

00004193a 00004195a 00004199a 00004200a 00004198a 00004197a 00004196a

| | コメント (0)

より以前の記事一覧